忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
イセリア・サガン(b23192)
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1994/04/12
職業:
ヘリオン×ヤドリギ使い
趣味:
着ぐるみ集め
最新コメント
[09/28 イセリア]
[09/22 はねず]
[07/21 イセリア]
[07/20 剛]
[07/16 イセリア]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
カウンター
フリーエリア
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
TW2「シルバーレイン」世界に存在するイセリアの日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある晴れた日、イセリアが学園からアパートに何時もの様に帰宅すると、一枚のノートの切れ端が机の上に置いて有った。

「あら、何でしょう、これは。朝には無かった筈ですのに…。」
同居中の使役ゴーストの鋼三郎の仕業かと一瞬思ったが、彼から置手紙を貰う必要も無い。
何せ、何時もアパートの中では一緒なのだから。
不思議に思った彼女は、その切れ端を手に取り、読み始めた。


Hola! Que' tal?
最近、調子はどー?
あんまり時間さけなくて、暇にさせて仕舞ってゴメンね。

ああ、そうそう。
今回、君に手紙を書いたのは、大袈裟に言うと、秘密を暴露して貰おうと思ってるから、なんだ。
出生だとか、そーゆー立派な大仰な秘密じゃ無い。
君が何時もひた隠しにしている事、それを今回曝け出して貰おうと思ってるんだ。

…心当たりが有るだろ?

うん、つまり、口調の事。
もっと詳しく言うと、君が隠している方言の事だ。
君は必死に田舎の方言を隠し通そうとして居るだろう。
コンプレックス、と言うものか、それとも都会人ぶりたいのか、そこは私には分かりかねるけどね。

だが、しかしっ。
今回だけは、喋って貰おうと思う。

私は最初は君を、世間知らずの本当のお嬢様にしたかった。
有る歴史上の明言の様に、「米が無いならステーキを食べれば良いじゃ無い」
な女の子にしたかったんだ。
けど無理だったよ。
どうにも、私の性格では駄目らしい。
段々君の性格や行動は軌道から外れて行き、「米が無いから小麦粉を焼いて生活してます」
な感じになって来て仕舞った。

………。
そっちの方が居心地が良いんだ。
やっぱり。
やや、すまないとは思う。
思…う。
ウン。

そんな訳でだな。
少し話が脱線した気もするけども、私も最初は君にその方言を喋らせようとは毛頭、思ってなかったんだよ。
いや、だが。
喋らせる、と決めた。
もう決めた。

まあ…それでも滅多に君はその言葉では喋りたくは無いだろうから、今回だけ。
覚悟を決めてくれ。

では、
Hasta luego

 


----------

と、言う訳で。

(わっ、と脅かされて)
ぎゃあ、なにょうするだに!
ちいと気ぃ抜いしがつらぁ、おんしゃあはっ。
んだぁもお、おらぁやっきりこくだでよー!?
……。
………!
(息を飲み、やられた!と言う表情)

----------

(ってか、何故私(背後)までロールしているんだろう(苦笑)

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: イセリア・サガン(b23192)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆