忍者ブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
イセリア・サガン(b23192)
年齢:
24
性別:
女性
誕生日:
1994/04/12
職業:
ヘリオン×ヤドリギ使い
趣味:
着ぐるみ集め
最新コメント
[09/28 イセリア]
[09/22 はねず]
[07/21 イセリア]
[07/20 剛]
[07/16 イセリア]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
カウンター
フリーエリア
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
TW2「シルバーレイン」世界に存在するイセリアの日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒矢様から受け取ったバトンですのー。
こうやって書き出してみると、なんだかちょっと恥ずかしい気が致しますわー。
特に、セリフ。


【主人公バトン】


1)主人公の名を答えよ。

イセリア・サガンです。
お祖父様のお名前は目・鋼三郎ですわー。

2)先代の英雄(回された人)の名を答えよ。

黒矢様。
大人で真面目な方かと思っていたら、時々抜けてたり、ギャップが面白い方です。
恐らく天然だと思います(きっぱり)

3)主人公の強さを答えよ。

●レベル       55
●属性       田舎者。外見だけ取り繕う感じ。アホ。
●HP/MP      459/770
●攻撃力      17/64/122  [射撃:0/0/122]
●守備力      術式に弱い気が致します。
●魔力       そこそこ。光の槍を飛ばしたり、ハートを描いたりできます。
●魔術抵抗     比較的有る方。でも、踊りのBSには弱いです。よく一人だけ踊っています……。
●幸運       ここぞという時に打たれ弱いですが、対人運は恵まれていると思いますの。
●戦闘スタイル   後ろでひゅーん、ずば、はぁと!、みたいな。

4)主人公の戦闘時のセリフを答えよ。

*戦闘開始時: 『負けませんわよ!』
*通常攻撃時: 『……!』 (気合)
*特技使用時: 『おらん力、甘く見てんと後悔するだに!』
*負傷時 :    『……くっ』
*奥義使用時: 『こんで、終いじゃあ!』
*道具使用時: 『○○様、これを!』
*退却時 :    『ちくしょー、次は倍返しですのー』
*戦闘不能時: 『すみません……』
*(自分以外)戦闘不能時:『てんめぇ、どえらりゃあこんしてくれただ!許さんだによ!』
 →好感度高:  (今のところ特に指定する人は無い模様)
*戦闘終了時: 『ふう、お疲れでしたわー』

5)パーティメンバー5人(回す相手)の特徴を答えよ

・癒し系で、一緒に居るとほんわか致しますのー。
・明るくて、私を振りまわすのが上手い人、です(悔しげに)
・かっこ良くてお洒落なムードメーカーです。
・物腰のとても柔らかい、心地よいオーラを持った方。
・こんな女性に憧れます。「自分」が確立された方だと思います。

6)パーティーメンバー5人(回す相手)の名前を答えよ。

ブログを持っている方で、どんな風か聞いてみたい方を。
・コトコン
・こやねちゃん
・神室様
・良さん
・アンリ様

PR
紫色なイセリアですのー!
えっと、えっと、余りにも久し振りな日記で、何から書けば良いのやら…と悩みまくりましたところ、これはあえてバトンを回答しよう、と思い立った所存で御座いますわー。

3日以内に答える、と言うバトンでしたのに…。
半年以上、経って仕舞いました…(へこり)
ま、まあ、えっと…半年経っても色々と変わり無いですし、良いですわよね!(開き直った)

えと、どうやら背後目線で答えるバトンの様ですので、苦手な方はご注意下さいませ。

藤生様、長らく放置して仕舞い、申し訳御座いませんでしたわー!
あ、穴を掘って反省して来ますの…(ほりほり)
…最近、見かける度に気になって居りましたの。
自分も回答せねば、答えを見れないんですもの!
それはそれは、気に成りますわ、。
と、言う事で、ミルフィーユタルト、イセリア・サガン、頑張って答えさせていただきますの!(ぐぐっと)
(↑某方と同じく、やらなければいけない、いや寧ろやるべきだろうと思って言った)


【深層心理バトン】

【1】あなたは知人から一冊の本をもらいました。
それは、有名な童話のようですが、あなたの知らない物語です。
この本はどんな内容の物語だと思いますか。

魔女とお姫様の物語。
王様の治める、平和な国が、ある日突然魔女によって襲われるお話です。


【2】本をめくっていくと一枚だけ色の違うページがありました。
それは全体のどの部分にあると思いますか。

少し前の方ですわね。
全体の3分の1位の所に。


【3】物語の結末は、どうなったと思いますか。

お姫様が魔女を倒して、何時の間にか自らも魔女になって仕舞うのです。
誰の心の中にも、悪い心は有るのだと言う教訓ですの。


【4】あなたは今、ダイヤモンドを一つ持っています。
それはどれくらいの大きさで、どんなダイヤモンドですか。
なるべく詳しく、具体的に書いて下さい。

両手で持って余る位のとても大きなものです。
綺麗に研磨され、カットされ、とても不思議な輝きを持って居ます。


【5】あなたのダイヤモンドを盗もうと、誰かが後ろからこっそりと覗いています。
さて、それは一体誰ですか?

えええ。
んー、冗談的な悪戯で盗もうと、エクス様がにやりと(待)


【6】あなたはそのダイヤモンドをもっと磨いてみることにしました。
さて磨いた結果はどうでしたか。
今までより美しくなりましたか。それともあまり変わりませんか。

変わらないどころか、小さくなって仕舞いました。
私が手を加えない方が良かった様ですの。


【7】あなたはあまりにも美しいそのダイヤモンドに名前を付けることにしました。
さあ、どんな名前を付けますか。

ジーザス・ディアマンテ。
…断固としてどこぞのブランドとは関係が御座いません!(笑)


【8】あなたは、大切な人にプレゼントを買うために街へ出かけます。
家から街へつくまでは、どんな道のりですか。

平坦で、のどかな道を、自転車で向かいますわ。
気分はうきうき、ペダルを一生懸命に踏みます。
途中でお友達に会ったりして、笑顔で挨拶を交わしたりします。
…挨拶だけで終わらなくて、思わず長く話し込んで仕舞ったり…。
思いの他時間をとってしまって、急いでまた街へ向けて自転車をこぎます。


【9】街につき、あなたは人形を買うことにしました。
あなたが手にした人形を見て「それが欲しい !」と言っている人がいます。
それは何歳くらいの人ですか。

私よりも少し幼い位…小学5年生位の女の子ですわ。


【10】あなたは人形をあきらめて、手作りのケーキを作ることにしました。
あなたは一生懸命作りました。さあ、出来上がったケーキを見た感想を言って下さい。

ふふ、やっと出来ましたの!(頬拭い)
喜んでいただけるかしら…。
…少しでも嬉しく思っていただけたら、いいなあ、と思いますの。


【11】相手にプレゼントをあげようと、あなたはタクシーに乗ろうとしています。
手を上げると、そのタクシーは乗車拒否をしました。
去っていくタクシーに一言、言って下さい。 

うーん、次に期待致しましょう。
(そのタクシーには余り興味を示しません) 


【12】本棚から取り出した絵本のページを何気なく開いてみると、
そこには恐ろしい魔女の姿が…。この魔女はどんな性格で、
どんな魔法を使うのでしょう。詳しく説明して下さい。

わがままで、常に尊大な態度をとって居ります。
けれどもそれは、反対に自分に自信が無いための反動だったりしますの。
魔法は、業火の魔法を使いますわ。


【13】この魔女が住む城の地下には、人が閉じ込められています。
何人くらいの人が囚われているでしょうか。

小さな村ひとつ位。
…うーん、20人程度でしょうか。


【14】この人達は、いったいどんな理由で閉じ込められているのでしょうか。

魔女の悪い噂をしていたのです。
その噂が気に食わなかった魔女に、閉じ込められて仕舞いました…。


【15】この絵本の最後で、魔女は自分の行いを悔い改めます。
さて、どんな出来事がきっかけだったのでしょう。 

捕らえられている中に居る子供に、ふとしたきっかけで固く閉ざしていた心を開かせられる…とか、でしょうか…。


【16】お疲れ様でした。次に回したい人をどうぞ(後で答えを教えてあげましょう)

気になる方はご自由に、ですの!
やってみる方は、以下の内容は回答する迄読まずに置いて下さいませっ。

桑原様よりいただきました、乙女バトンですのー。
響きが素敵ですわよね、「乙女」って!


【乙女バトン】


Q1.自分には「乙女心」があると思いますか?
ええ、女に生まれたからには、有ると思いますの!
ヲトメゴコロ!

Q2.「はい」と答えた方→どんな所が?
わ、そう切り返されるとは思いも寄りませんでしたわ(キリキリ
んーんー、とりあえず、毎日おしゃれ頑張ってます!

Q3.あなたを動物に例えると?
む、難しい…!
無難に猫さんでしょうか?
気まぐれですし(目逸らし)
あ、でも昨日「小動物」と言われました…。
曖昧なー!

Q4.お気に入りのファッションアイテムは?
ブーツ…です、はい。
足元には結構気を遣いますわ。
夏場以外はブーツばかり履いております。
一番のお気に入りはウエスタンブーツですの。

Q5.近い将来の夢は?
夢、と言ったら大袈裟ですけど、皆様ともっと仲良くなれたらな、と。

Q6.理想のタイプを一言で言うと?
身長のおっきい方!
で、何かしらギャップの有る方です。

Q7.自分を曲に例えるとどんな曲ですか?
うーん。
迷いますわね…。
宇多田ヒカル様の「Wait & See ~リスク~」………でしょうか?

背後より↓
サンボマスター「歌声よおこれ」をバックに走り回ってるイメージ…だったりしたのですが。
疾走感溢れてるんです、意外に。

Q8.友達になってみたい芸能人は?
TVの中の方ですと、相武紗季様。
一緒に居るだけで楽しそうですのv

Q9.今、一番気になるものはなんですか?
初の依頼で私が足を引っ張らないかどうかです(真剣)
…と、回答した時には依頼返却前でしたので、この回答だったのですが…。
無事何とか成功致しました!
またこの時の事は、後日っ。
んーと、今はリアルに真っ最中の運動会の結果ですわね。

Q10.このバトンを回す人 
えへ、ちょっと運動会で身体を使いすぎて仕舞って、思考が上手く定まりません(照れ笑い
ですので、このバトンは取り敢えずはアンカー宣言をっ。

ふふ…。
如何してでしょう。
やる前から、物凄い惨状に成りそうな気が致しまして仕方が御座いません。
黒矢様からいただきました、口調バトンです。
有難う御座います!
ががが、頑張りますの!!


『口調バトン』

口0:絶対掟は守ること。
口1:回された人は回してくれた人の指定したキャラの口調で日記を書くこと。
口2:日記の内容は普段書くものと同じで構わない。
口3:回されたら何度でもやること。
口4:アンカーを突っ走る事は禁止されている。
口5:口調が分からなくてもイメージ。1人称もそのキャラのものにすること。
口6:これ以外のバトンとか貰ったら、その回してくれた人の名前もキャラなりの呼び方にする。
口7:最後に回す人を絶対4人指定すること。

【罠を仕掛けてきた人物/黒矢 剛様】

どうもこのバトンは俺には向いていない気がする。
…うん、まあ、楽しんではやっているがな。

前回の口調バトンでは、琉架に対する想いを語ってみたのだが、今回も剛について語ってみてもいいだろうか。
いや、言わせてくれ。
頼むから(真剣)。

最初に声をかけてもらった…と言うか、アレは、アドバイスをもらった、と言う方が正しいのか。
初めてのリアイベ(ソフトボール大会)で、当日に居なければ参加が出来ないかと勘違いをしていた俺に、そうでなくても大丈夫だ、と教えてくれたのが最初だったな。
まだ当時は実際のところ、結社になじめないでいた俺だったが、あの頃から段々楽しくなっていった様に思う。
有難う、本当に感謝している(礼)。

実際に話してみるまでの剛のイメージは、ずばり真面目でクールな男だと思っていた。
しかし良い意味で裏切られたぞ!
そのギャップが良いよな、うん(微笑)。
これからもどうか宜しく頼む。

それにしてもこのバトン、アンカー禁止とは、俺にとっての挑戦状か…っ!

 


……………!!
(もう無言でのた打ち回るしか無い模様)

此方も藤生様同様、愛の告白みたいに成って仕舞って居りますが…っ。
そんな事は御座いませんのよ、藤生様!!(伝われ、この叫び!)

ふぉぉぉぉ(ごろんごろん)

………。
気を取り直して…。

藤生様と黒矢様、回して下さって有難う御座いました!
確かに難しいし、大変でしたけど、楽しかったですの!
お二人共、ところどころ口調に関して私の主観が入り混じって居りますが、そこはお許しいただけると有り難くっ(汗)

話題につきましては、何を語るべきなのかとても迷いまして、結局その方へのメッセージになって仕舞いました…。
でも、日頃思っていた事をお伝えする事が出来て良かったと思います。
ふふ、藤生様も黒矢様も、大好きです!(また告白的な…!)
そんな大好きなお二人が恋人同士で有ります事が、またとっても嬉しいのです。
何時かデートにご一緒させて下さいませーv(邪魔だと言う事に気付いていない←)


ええと、では!
バトンを回す4方を。

「黒矢様」「藤生様」「桑原様」
口調の指定は「イセリア・サガン」ですの。


黒矢様と藤生様には渡し返しですが…!
お二人とももう既に複数答えてらっしゃる様ですし、ネタが無くて、それでもどうしてもブログ更新したーい!
と言う時にでも利用してやって下さい。
決して挑戦状では…あり、ま、せん…の!(目逸らし←)

桑原様は器用なイメージが御座いますので、こういったものは得意そうな印象でした。
上に同じで、ネタに困った時にでも、で!
近々、先日のお手紙のお返事もお届けに上がります…!

4方とか言っておいて、そうでないのは…ええ、まあ、その…。
最後の一方にある方のお名前を書いたのですが…。
そ、その方には先ずお手紙で伺ってからに致します…。


Copyright: イセリア・サガン(b23192)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆